交通事故ウラ話

1章:負うもの・失うもの
2章:事故発生時のこと
3章:事故後のこと
4章:自動車保険のこと
5章:事故防止のこと

3章:事故後のこと - 示談で解決が王道?もらえるお金は?-

事故後のこと - 示談で解決が王道?もらえるお金は?-

解決までの流れ

事故後のことは基本的に保険会社と相談しながら進めればOK。でも知っておくことで、損や無用なトラブルを防ぐこともできます。

交通事故 解決までの流れ

示談とは?

特殊なケースでない限り、お互いの保険会社が出てきて、「示談で解決」という流れが一般的です。

●示談って?
交通事故で加害者は「損害賠償」という民事上の責任を負います。損害賠償問題は通常、当事者同士の話し合いで、譲歩し合って決めていきます。これを「示談」といいます。具体的には、加害者側が被害者に支払う損害賠償金をいくらにするかを決めるものです。

●いつから始まるの?どんな風に進むの?
ケガが完治または症状固定してから開始となります。通常は加害者側の保険会社から連絡があり、損害賠償金が提示され、そこから話し合いが始まります。たいていの自動車保険には「示談交渉サービス」が付いているので保険会社にお任せすればOK。

※症状固定って?:これ以上治療を続けても改善が見込めない状態になったときに、医師の判断で「症状固定」となります。それ以降に発生する治療費等は損害請求ができません。

●示談のメリットって?
示談にすると通常は、裁判で請求できる満額よりも、やや低額で合意することになります。ですが、裁判にかかる時間・費用のコストを考慮して、多くの人は示談を選びます。

意外に困る事故後の生活

事故にあって始めて気づく、日常生活の様々なありがたみ。頼れる人がいなければお金で解決することに。たとえばこんな出費が…。

●小さな子供のいるママの場合
交通事故でケガ・入院となると、子供の世話を誰かに頼まなければいけません。頼める人がいなければベビーシッターを手配することになり、費用が発生します。家事ができないダンナさんならホームヘルパーの手配も必要になるかもしれません。もし学校に通う子供が長期で入院することになったら、勉強が遅れないよう家庭教師を雇う必要もあるでしょう。

●ペットを飼っている人の場合
子供と同様に、ペットも世話をしてくれる人を探さなければいけません。ペットホテルに預けることになれば高い費用を払うことに…。

●精神的なショックを受けてしまった人の場合
事故のショックで運転ができなくなったり、車を見る度に恐怖感がよみがえってパニックなってしまったり、社会活動への意欲をなくしてしまったり…など、PTSDと呼ばれる心の傷が残ってしまうケースもあります。精神科での治療を要するようなら、費用が発生します。

このような事故後の生活の支障は意外に見落としがち。ベビーシッターやホームヘルパー費用の補償など、事故後の生活をサポートするような自動車保険もあるので、備えを万全にしたい人にはおすすめです。

交通事故で使える保険

ケガの治療や入院費、クルマの修理代…。交通事故には出費がつきもの。こういうときこそ保険の出番です。もらい漏れのないよう要チェック!

●自賠責保険
人身事故による損害を補償するもの。法律により加入が義務づけられています。万一、相手が自賠責保険に加入していなかった場合は、政府から補償される制度があります。

【内容】人身事故の補償のみ。物損や自身のケガは補償されません。
・傷害による損害(最高120万円まで)
・後遺障害による損害(最も重い場合で最高4000万円まで)
・死亡による損害(最高3000万円まで)
・死亡するまでの傷害による損害(最高120万円まで)

●任意保険
自賠責保険では最低限の補償しか得られないので、多くの人は任意保険に加入しています。

【内容(例)】対人賠償保険(交通事故で相手の人をケガ・死亡させてしまったときの補償)、対物賠償保険(交通事故で他人のモノを壊してしまったときの補償)、人身傷害補償(自分や同乗者や親族のケガ・死亡への補償)、搭乗者傷害保険(自分や同乗者のケガ・死亡への補償)、無保険車傷害保険(相手の車が保険未加入だった場合の補償)、車両保険(自分の車の損害への補償)、弁護士費用保険(弁護士に解決を依頼した際の費用) 
*その他保険によってさまざまな特約があるため、ご自身の契約内容を確認しておきましょう。

●健康保険
被害者がケガを治療する際に、健康保険を使うかべきかどうかという問題が挙がります。ポイントは過失相殺があるかどうか。損害賠償金は過失割合によって決まります。過失相殺がない場合、つまり過失割合10:0で相手が悪い場合は、相手に全額補償してもらえるので、必ずしも使わなくてもよいのですが、過失相殺が少しでもあるなら、受け取れる損害賠償金額も減るので、治療費を抑えておくに越したことはありません。その場合は健康保険を使ったほうがいいということになります。 ちなみに、まれに「交通事故の治療に健康保険は使えない」と主張する病院があるようですが、これは完全に間違いなので、従う必要はありません。

【内容】治療費

※健康保険の自己負担率って?(平成21年4月現在)
0歳〜義務教育就学前:2割
70歳〜75歳未満:1割(現役並み所得の人は3割)
75歳以上:1割(現役並み所得の人は3割)
一般(上記以外):3割

●労災保険
通勤中や仕事中にあった交通事故なら、労災保険が使えます。この場合、健康保険は適用されませんが、労災保険は自己負担がないというメリットがあります。

【内容】療養補償給付、休業補償給付、障害補償給付、傷病補償年金、遺族補償給付、葬祭料、介護補償給付

●生命保険
死亡した場合の保険金はもちろん、交通事故の際の入院・手術費を補償してくれるものもあります。契約している生命保険の内容を確認してみましょう。

交通事故でもらえるお金

もらい漏れのないようにしたいから、何を受け取れるのかを知っておきたい!

●受け取れるのはどんなお金?
加入している保険会社から損害補償として支払われるお金(=保険金)、事故相手から損害補償として支払われるお金(=損害賠償金)があります。

●「保険金」の具体的な内容は?
あなたが契約している保険の内容に応じて支払われます。契約内容を確認してみましょう。たとえばケガをしたら「搭乗者傷害保険」や「人身傷害補償」から、車が壊れたり盗まれたりしたら「車両保険」から支払いがあります。

●「損害賠償金」の具体的な内容は?
損害賠償は、被害者が受けた損害一つ一つに対していくら、というように積み上げて計算されます。なので、もらい漏れのないようにすることが大事。具体的には…

1.人身損害:
積極損害…被害者が実際に支払う金銭(治療費、付添費、将来介護費、入院雑費、将来雑費、通院交通費、装具・器具等購入費、家屋・自動車等改造費、葬儀関係費、損害賠償請求関係費用、弁護士費用など)

消極損害…事故がなければ被害者が得ていたはずの経済的利益や慰謝料(事故で仕事を休んだことで得られなかった収入面の損害、事故で受けた精神的ショックに対する慰謝料など)

2.物的損害

●金額はどうやって決まるの?
1.保険金の場合:
契約内容に基づいて支払われますので、加入している保険のパンフレットや約款を見てみればわかります。読んでみてわからないときは担当者に聞いてみましょう。

2.損害賠償金の場合:
交通事故の損害賠償には「過失相殺」という考え方があります。たとえ相手が100%悪いと思う事故でも、被害者側にも過失がある、とされることがあります。たとえば、“信号のない交差点で優先道路を走っていて、わき道から飛び出してきた車に衝突された”という場合でも、過失相殺は発生します。「過失」と聞くと「自分は何も悪くないのに!」と思ってしまいますが、単純に“損害賠償額を決めるためのもの”と考えましょう。

3.過失割合の決まり方:
事故現場での実況見分をもとに、警察によって「実況見分調書」が作られます。これを参考に保険会社が、過去の交通事故の判例をもとに、過失割合を定めます。内容に応じて、さらに加害者に5〜20%程度の過失を加算したり、逆に被害者側に加算したりして調整されます。すべての保険会社、裁判所、弁護士は、同じ本を用いて金額を算定していますが、事故の状況に関する食い違いや解釈の違いにより、争いになることが少なくありません。

*過失相殺が発生しないのはどんな事故?
自動車同士の事故の場合では、追突事故やセンターラインオーバー、青信号対赤信号の事故などです。この場合は過失割合10:0で相手が悪いということになります。

*加害者側に過失が加算されるのはどんな時?
・事故現場が住宅地・商店街
・被害者(歩行者)が児童・老人
・歩行者が集団
・「速度違反」「飲酒」「合図なし」などの道路交通法違反
・著しい過失・重過失

*被害者側に過失が加算されるのはどんな時?
・事故が起きたのが夜間
・事故現場が幹線道路(歩行者の場合)
・被害者が横断したのが横断禁止場所
・速度違反などの道路交通法違反(被害者側)
・著しい過失・重過失(被害者側)

●保険会社の提示金額に納得いかなかったら?
どうしても納得がいかないなら次の選択肢があります。

(1)交通事故紛争処理センターに持ち込む
(2)弁護士に依頼して交渉してもらう
(3)裁判

(1)の場合は、自分で弁護士をつけない限り、被害者自身が証拠を集めて立証しなければいけません。(2)の場合は当然、弁護士費用が発生します。(3)の場合も諸費用が発生します。

時間や費用はかかりますが、弁護士に依頼したり、裁判をすることで、場合によって数千万も増額することもあります(増額されるケースについては次項目を参照)。示談を選ぶか、このような方法を選ぶか、十分に考慮した上で納得のいく解決法を選びましょう。

●慰謝料が相場よりも増額される場合は?
慰謝料は、過去の判例により、だいたいの相場が決まっていますが、相場よりも慰謝料が増額されるケースはあります。たとえば、“飲酒や居眠りなど、事故原因が加害者の悪質な不注意によるケース”、“加害者側の態度が悪いケース”、“事故が原因で離婚したり夢を断念したなど、被害者側に特別な事情があるケース”などが該当します。詳しい事例を知りたい方は専門書をご覧ください。

*オススメ図書 『弁護士がきちんと教える 交通事故示談と慰謝料増額』

1-3章のまとめ

加害者になった場合は、示談は保険会社に任せればOK。ただし謝罪は自分で行うこと。被害者になった場合は保険会社に任せられないので、損をしないための自衛策は「知識」を身につけること。特に「何を請求できるのか」は知っておいたほうがよいでしょう。

【次を読む】4章:自動車保険のこと - 元販売員が業界のウラを暴く?!-

もくじ

1章:交通事故で負うもの・失うもの

2章:事故発生時のこと - 直後の対応が肝心!-
・事故発生時のTODO
・事故現場でのタブー

3章:事故後のこと - 示談で解決が王道?もらえるお金は?-
・解決までの流れ
・示談とは
・意外に困る事故後の生活
・交通事故で使える保険
・交通事故でもらえるお金

4章:自動車保険のこと - 元販売員が業界のウラを暴く?!-
・どんな保険に入るべき?
・保険会社はどう選べばいいの?
・あなたはモンスターカスタマーになっていない?
・ビル・ゲイツを轢いたらどうなる?!

5章:事故防止のこと - 事故にあいやすい人って?-
・事故防止のためにできること
・意外に知られていないこと

監修者プロフィール(1〜3章)

弁護士 谷原誠
みらい総合法律事務所パートナー弁護士。著書に『交通事故被害者のための損害賠償交渉術』(共著、同文館出版)、『弁護士がきちんと教える 交通事故 示談と慰謝料増額』(共著、あさ出版)など多数。交通事故被害に関して数百件の実績があり、被害者の立場に立った弁護活動に定評がある。

谷原さんHP:弁護士による交通事故SOS