車キャラ弁

バックナンバー

フォルクスワーゲン Type2 フォルクスワーゲン Type2

2008年7月

フォルクスワーゲン Type2のお弁当

移動販売車としても使われることの多い「フォルクスワーゲン Type2」のお弁当です。通称ワーゲンバス。サーフィンが趣味だという作者・小川さんの旦那さんの「ほしい車リスト」に入っているそうです。ただしセカンドカーとしてという条件付きのようですが。「自由人」の象徴のような、庭に置いておくだけで、いつでもフラっと旅に行ける自分でいられそうです。

つくり方

ワーゲンバスおにぎり
オカカおにぎりを四角に握って、海苔で巻く。チーズと海苔でフロント、ライト部分を作る。
ブロッコリーの塩茹で
きつめの塩を入れた湯で2分ゆでる。
ソーセージ
十字に切り込みを入れて、1分弱ゆでる。冷めたら、桜型にカットしたチーズを乗せる。
揚げ鶏の煮物
鶏の手羽を酒、しょうがの摩り下ろしに20分ほど漬け込む。水気を切って、片栗粉をまぶし、160~170度(中温)で3~4分揚げる。一口大にカットして、面取りしたにんじんを下ゆでする(水から15分くらい)。レンコンは一口大にカットして、酢水につけておく(10分ほど)。こんにゃくは手でちぎり、さっとお湯にくぐらせる。だし汁、砂糖、酒、しょうゆで味を調えた煮汁ににんじん、レンコン、こんにゃく、シメジを入れる。7分ほど煮たら、揚げた鳥の手羽を入れて、さらに2~3分ゆでる。仕上げに絹さやかインゲンを散らす。
玉子焼
おにぎりで使った残りのチーズ、座りをよくするために底をカットしたソーセージの底の部分、ブロッコリーの茎などを入れて、塩少々を加えて玉子焼きにする。

作者プロフィール

キャラ弁デザイナー 小川真樹
小川真樹 ポップでユニークなお弁当づくりが得意。旧車が好き。キャラ弁ブログ「きょうのおべんとう」を運営中。NYで出版されたキャラ弁写真集『Face Food the visual creativity of Japanese BENTO BOXES』 のプロジェクトにも参加。